自分は今年に主人と結婚をして、二人で賃貸分譲マンションで暮らしています。
自分は今年の6月に挙式を行いました。
当方の挙式やパーティーには、とても多くの友達や、親戚が参加してくれて、とても印象に残るものとなりました。私たちの挙式は、ウエディングドレスを来て、行いました。
挙式が始まる前の、入場曲に合わせて、自分は父親とバージンロードを歩きました。
自分は父親に手を取られて、主人の待っている元に二人でゆっくり歩いて行きました。その時の父親の顔を少し見ましたが、今までに見た事が無いくらい緊張をしていました。当方の歩いている後ろには、お世話をしてくれている方が、長いウエディングドレスの裾を持ってくれていました。
自分は父親に手を取られて、ようやくゆっくり主人の元へ付きました。そうして挙式は始まりました。
バージンロードを歩いていいるときは、友達の大きな歓声が、聞こえました。
自分はとても感動しましたし、これがバージンロードかという思いになれました。自分は主人とは5年間付き合って、結婚しましたが父親に主人の元へ、連れて行ってもらった時は、自分はこれで両親から離れて、主人とともに暮らして行くのだと感じました。
自分はこの挙式では、多くの感情が湧き上がって来ました。そして多くの事を感じさせてくれました。
自分はこれからは主人と、二人で幸せになろうという考えにもなれました。自分はこの後には主人とエンゲージリングの交換をしました。
このエンゲージリングは、当方の両親が二人のためにと自分たちで選んで、プレゼントしてくれた指輪でした、自分はとても両親には感謝しています。
そして何時までもこの父と歩いた、バージンロードのことを忘れないで、行きたいと思っています。

【八代目儀兵衛】のこだわりお米ギフトで結婚内祝い
八代目儀兵衛の、華やかさと京の味覚を兼ね備えたお米ギフトは結婚内祝いに最適です。京都ならではのおしゃれなパッケージにご注目ください。

このバージンロードを思い出すたびに、主人とは新鮮な気持ちで接することが出来ますし、両親とのたくさんの思い出を思い出すことが出来ます。
自分は両親のためにも、主人と幸せな家庭を、築き上げて行こうと考えています。そして何時までもバージンロードを忘れないで、暮らして行きます。

バージンロードを歩く時の細心の注意点

挙式は女性なら誰もが憧れるものです。
なかでもバージンロードを歩く時は本当に感動しています。今まで大切に育ててくれた親と共に歩く時の気持ちは何とも言えないものです。ウェディングドレスを着て、大事な知人や親族に囲まれてゆっくりと歩く時は、涙が止まらなかったのを覚えています。
そんなバージンロードは挙式の見せ場の一つで、参列者がみんな着目するところです。当日の主役の二人はビデオや写真にも多く残されるので、良い姿を残せるように工夫が必須です。例えば、バージンロードが長い大きなチャペルで挙式をするのであれば、ウェディングドレスは後ろ姿もきれいなものがお勧めです。バージンロードが長いと、ベールがすごくめだつので、ベールが長めのものにするなどすると、非常に歩く姿がきれいです。そして、歩く時の姿も見られていると言う事を忘れないようにする事が大切です。
多くの人前に出る機会はそうそうないので、つい、下を向いてしまう人も多いのですが、それではせっかくの主役が台無しです。
親と歩く時は、しっかりと胸を張り、姿勢を正して歩くのがお勧めです。
その方がウェディングドレス姿も非常にきれいに見えるものです。そして、ウェディングドレスは見た目以上に歩くのがすごく大変です。特に裾を踏まないように細心の注意する必須があります。リハーサルなどでも言われると思うのですが、ドレスのすそをけるようにして歩く練習が必須です。そうでないと、すそが足に絡まってしまうのす。
バージンロードを歩く練習は当日の本番前のみになってしまうので、それまでにしっかりとイメージトレーニングをして、せっかくの晴れ舞台をきれいな姿で歩けるようにしておくことをお勧めしています。
そして、バージンロードの後半では先に入場していた新郎が待っています。父親から新郎に先方を変えて、牧師の前まで行きます。そこから指輪の交換だったり、誓いの言葉を交わしたりしています。一通りの儀式が終わると、またバージンロードを通って退場しています。
その時は緊張もだいぶほぐれて最高の笑顔で歩くことができます。

Posted in 未分類